乾燥肌の原因と乾燥肌対策に役立つスキンケア方法

乾燥肌対策は間違ったスキンケア方法を見直すことから始めよう

乾燥肌の原因と乾燥肌対策に役立つスキンケア方法

スキンケア

乾燥肌の原因

乾燥肌で悩む女性は多くいます。乾燥肌とは名前の通り乾燥している肌のことです。本来、肌には潤いを保つための皮脂や角質細胞間脂質、天然保湿因子などが存在しますが、これらの成分が減少、または生成されないことで乾燥肌になってしまいます。乾燥肌になる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。乾燥肌になる原因の1つが、間違ったスキンケアをしていることです。肌の健康を保つために毎日行っているスキンケアですが、間違った方法を行っていると乾燥肌の原因になってしまいます。むやみに指で化粧水を浸透させようとしたり、やたらとマッサージをしていると、かえって肌は傷ついてしまい乾燥肌へとつながってしまいます。乾燥肌になってしまう2つ目の原因が偏った食事や食生活です。時代が進むにつれて極端なダイエットやファストフードの多用が目立つようになってきました。乾燥肌にさせないためには、バランスの良い食事を心掛けることが大切です。乾燥肌になる3つ目の原因が生活習慣です。夜更かしや過度にかかるストレスなど、日常生活にある様々な要素が肌を乾燥させる原因になってしまいます。悪い生活習慣は角質層の保湿機能を低下させてしまいます。乾燥肌に悩んでいる方は、生活習慣にも気をつけなければいけません。

乾燥肌を防ぐスキンケア方法

先程も述べたように、乾燥肌の原因の1つが間違ったスキンケアです。正しいスキンケア方法を知ることで乾燥肌を防ぐことができます。間違ったスキンケア方法として挙げられる例が、クリームを使うときに指で塗り込む、化粧水をなじませようとパッティングする、洗顔時に指が肌に触れた状態で何度も撫でまわす、などです。つまり、むやみやたらに肌に刺激を与えてしまうことが乾燥肌の原因になってしまいます。一見、効果的にみえる方法ではありますがこれらの行為は肌にダメージを与えることになるので注意するようにしましょう。また、肌の潤いを保っている成分の多くは脂質です。そのため、何度も洗顔をしてしまうようなことがあると余分な皮脂だけではなく肌の潤いを保つために必要な脂質も落としてしまうことになります。スキンケア方法だけではなく、洗顔料選びにも注意が必要です。メイクなどがすぐに落とせるタイプの洗顔料は便利ではありますが、その分効果が強いということになります。効果が強い洗顔料はもちろん肌へのダメージも大きくなってしまうので気をつけましょう。これらのポイントを意識してスキンケアをするだけでも立派な乾燥肌対策になります。スキンケアは慎重に行うようにしましょう。

乾燥肌対策に必要不可欠なセラミド

人間の肌の潤いを保ってくれている成分には主にセラミド・NMF・皮脂の3つがあります。この中でも特に重要とされている成分がセラミドです。セラミドには、肌のバリア機能を高める・肌の保水力を高める・肌の代謝機能を高める・肌のセラミド生成を促進する、といった効果があります。他の成分のNMFや皮脂よりも肌の保湿には欠かせない成分だといわれています。つまり、セラミドが足りない肌は簡単に乾燥肌になってしまうのです。違う考え方をすれば、セラミドさえ上手く補うことができれば、乾燥肌は潤いを取り戻し、健康的でハリのある肌を保つことが可能です。セラミドを補う方法の1つとして有効な手段が、化粧水やローションをつけることです。最近では、乾燥肌に特化してセラミドの成分を多く含んだ化粧水やローションが多く販売されています。これらの商品を選ぶことで、効率的にセラミドを肌に補給することができるようになり、乾燥肌を防ぐことができます。ただし、乾燥肌対策のために化粧水やローションを購入する場合は、乾燥肌につながりやすいアルコールや着色料、鉱物油などの成分が入っていないか事前に確認しておくようにしましょう。乾燥肌に最適なセラミド成分が多く含まれている化粧水を手に入れて、乾燥肌の悩みを解決しましょう。

この記事のポイント

乾燥肌の原因は間違ったスキンケアや生活習慣で、乾燥肌対策としてはセラミドの多く含まれた化粧水やローションを使うことが1つの手段になります。

乾燥肌は改善可能

乾燥肌は、ちょっとしたことに気をつけるだけでも大きく改善することが可能です。まずは、スキンケアから見直すようにしましょう。誰でも潤いのある肌を取り戻すことができます。

広告募集中